1. エイビ進学ナビTOP
  2. 入試特集
  3. >AO入試とは

AO入試について 学力では測れない個性豊かな人材を求める

推薦入試と並んで、最近一般的になっているAO(アドミッションズ・オフィス=入試事務室)入試。昨年度は8割を超える私立大学が実施した。学力では測れない個性豊かな人材を求め、受験生の意欲を重視する。

AO入試とはどんな入試なの?

大学が示した「求める学生像」に沿って、受験生を評価して、お互いの意思を確認し合いながら入学者を選抜する。出願は8月1日以降が原則だが、それ以前にエントリーを受け付ける場合もあり、大学や学部学科によっても大きく異なる。選抜方法は大きく分けて、

  1. (1)書類審査+面接型
  2. (2)事前対話型
  3. (3)体験授業・セミナー参加型

の3タイプ。(1)は出願時に提出書類と面接により選考を行なう。この2つに加え、小論文や学科試験、実技などを課す場合も多い。(2)はエントリーシート提出から正式出願までに2~3回の面談があり、徹底的に話し合う。(3)はエントリー後、体験授業やセミナーに参加する。受講態度や意欲、表現力などが評価される。レポート提出やグループ討論がある大学も。

AO入試(事前対話型)の一般的な流れ

  1. 1.エントリーシート提出
  2. 2.第一回面接(エントリーシートをもとに受験生の全体像を把握したうえで、大学側は学校について説明、相互理解を深める。)
  3. 3.第二回面接(志望理由、入学後の取り組み、入学の意志などを確認)
  4. 4.出願許可(内定)
  5. 5.面接(最終の入学確認)
  6. 6.合格発表

AO入試はエントリーシートが鍵を握るの?

自己PRできる最初の機会だからこそ大切に

AO入試では提出する書類が多く、その書き方が重要。たとえば、書類審査と面接の「二段階方式」の提出書類は、志望理由書、自己推薦書、活動報告書、第三者による評価書、調査書など。事前に課題を提示し、そのレポートや小論文を提出することもある。「対話型」の場合は、大学が指定するエントリーシートもしくはAO相談票に、高校での活動歴や取得資格、興味ある分野、長所、将来の希望、自己PR、志望理由などを書き込んで提出する。

これらの提出書類は、大学に対して自分の長所や熱意をアピールできる最初の機会。大学は「求める学生像」や「教育方針」に見合う学生を選抜するので、志望大学について情報を集め、理解を深めたうえで、書類に記入するよう心がけよう。そして、一つひとつの項目について丁寧に記述し、「自分」という人間を理解してもらえるようにしよう。

全国大学・短期大学AO入試・推薦入試情報(2017年4月入学者用)

※各大学・短期大学の詳細な内容につきましては、必ず入試要項等でご確認ください。